ウェッブマスタの独り言

2008/02/13

・半年ぶりの更新です。サーバーには特に問題が発生していないです。細かなチューニングを時折していますが、以前に比べるとドキュメントが多く検索でき比較的簡単に調べることが出来る為めっきり本を買うことが少なくなってしまいました。逆に今のトレンドがわからないため乗り遅れているかもしれませんね。光での接続も問題が無く安定していますが、レスポンスに若干の不満が残ります。古いルーターを使っている為、ボトルネックになってしまっています。代わりのルータも手に入れたのですが、現在使用しているような条件で使えないことがわかり祖間々放置となってしまいました。いずれ、新しくしたいところです。

2007/08/11

・上位プロバイダの変更を完了しました。
これで光回線で接続となり、雷、違法無線に対しても強くなりました。回線の変更だけを実施するつもりでしたが、最近BOTによる迷惑メールがまた増加している為サーバーの再構築も実施しました。このサーバーDELLの中古パソコンでしたが、CD-ROMが壊れていた為適当なものを付けておいてWin-XPで使用していて問題なく使えていたのですが、インストールする再にCDブートが出来ず悩んでしまいました。ケーブルが悪かったようです。
サーバーの再構築をする際に毎度色々はまる箇所がありますが、今回はネームサーバーのポートをルーター開くのを忘れてプロトコルを勘違いしていたことでしばらく時間を費やしましたが、それ以外は意外と順調に構築することが出来ました。夜20:30から初めて2:30にとりあえず終了でした。これも、設定例を詳しく記録してくれているホームページがあるからです。ありがとうございます。

2007/06/21

・上位プロバイダの変更をすることにしました。
現在ADSLを使用した回線の為、雷、違法無線などによるリンクの切断が毎日のように発生しております。6月よりBフレッツのサービスが始まったことは知っていたのですが、下にもあるように価格の面で却下となっておりました。以前に何回か連絡を貰った業者からの提案でプロパイダを変更することで月々2000円位の経費の増加に抑えられそうです。何かリスクがあるのか判りませんが夏休み頃までには変更になる予定です。

2007/06/18

・先週ぐらいから極端にスパムメールが少なくなってきました。殆どが海外からの物でしたがある日を境にピタッと止まってしまったようです。!?
これは、スパムメールを管理している者が検挙されたと思われます。ニュースソースでスパムで検索したところ「最近、スパムフィルタの仕事が若干減っているが、これは、米連邦捜査局 (FBI) が数名のボット管理者を逮捕したおかけだ。」との記事があり、どうやらこれが影響しているようだ。これによって弊社のスパムが激減していることから日々の処理が多少軽減されました。

2007/06/11

・入梅前の大雨ですね。今年はラニーニャ傾向なので、猛暑になるとの予想が出ています。猛暑になるとこの地区は雷の通り道となっていますので停電が頻発します。今年はまだ一度しか停電しておりませんが、ひどいときには一時間に何度も停電になる為仕事になりません。頼みの綱はUPSとなりますが、こちらもバッテリーに寿命があるためせいぜい2年程度しか持たないことが多いです。バッテリーが死なない事を願いつつ雷が通り過ぎるのを待つことでしょう。
・この地区にもようやくBフレッツ網が配備されることとなりました。Bフレッツが開通するときに連絡をもらえるように登録しておきましたが、販売会社からの電話でした。メールの登録を促しておきながら結局電話です。何を考えているのやら。ADSLはネット専用として電話共用タイプではないため解約をし、新たにBフレッツとなります。そのためADSLからBフレッツに乗り換える為にはランニングコストが7000円/月増加します。このコストを吸収する為には光電話ビジネスタイプにすることなのですが、肝心要のPBXが対応しておりません。これを対応するものに交換するには1,000,000円のコストが・・これは不可能。

2007/03/23

・毎日のようにSPAMメールがやってきます今日この頃いかがお過ごしでしょうか? 横浜は桜が開花したようですね。
・会社だと、どうしても古い資産を使っていく場合があります。コンピュータ関係だとPC9801が上げられますね。このコンピューターDOS/Vなる言葉現在では死語ですが、DOS/Vが一世を風靡するようになりまではスタンダードマシンでどこの会社でもあったものですね。しかし、悲しいかな国産標準が世界標準とはならなかったため、会社で使うシステムはそのままになっていたのですね。どんどん新しいものに置き換われば問題ないのですが、置き換えがきかない分野でどうしても使って行かなければならないとすれば、当然製品寿命が問題になり、新しいものが無いために中古を探さなければいけない。一時期は各家庭、会社などで不要になったものが大量に処分されていたため比較的簡単に手に入れることが出来ましたが、昨今、希少価値がつきまじめてしまいました。わざわざ中古に高い金を出して買いたくは無い。
データだけはバックアップして置く必要があり、実行したのですが、そのPC9801は128MBのハードディスク内臓、FDDは壊れてしまい使用不可。そこで分解してHDDを取り出したところIDEインタフェースだったため接続して見ましたが中身を読むことが出来ません。きっとどこかで同じようなことで困っている人がWEB上に情報を出してあるだろうと調べたところ、ハードディスクをリッピングして、イメージファイルとして読み込むことが出来ることを紹介してあるページがありました。
ttp://hp.vector.co.jp/authors/VA013937/98hdd/index.html
「getdrive」「DiskExplorer」
とりあえず、他のPC9801からHDDを取り出し、フォーマットしてからXCOPYでデータを移植。移植したHDDをリッピングしてバックアップ成功です。CDに全データが焼けてしまう程度の容量でした。とりあえず一安心です。

2007/03/19

・SPAMの温床となっているユーザーが契約している3プロパイダへメールをしましたが、そのうち2社からメールが戻ってきました。ユーザーへ連絡をする程度のようですね。これでは、減らないと思います。数日後に送られてきたアドレスを確認しましたが変化が無いようです。
迷惑メールのFROMのアドレスを見ていると、最近のメールは「g」で始まるドメインばかりです。多分送り主が意図的にしているのか、システムがA to Zで当てはめているのでしょう。
SPAMまがいのメルマガ業者のIPアドレスをすべて拒否しました。メルマガの購読を拒否しても配信が続けられるため、配信されるメールサーバーのアドレスを拒否したのですが、気が付くと違うアドレスで送ってこられることがしばしば続いたため調べたところ、このメルマガ配信会社は複数のプロバイダにアドレス空間を持っているようです。したがって、自由にサーバーのアドレスを変更していたようです。こちらとしてはメール配信が改善されないためすべてのアドレスでこの会社からのアクセスを拒否しました。また国別の拒否リストは
「AE BA BE BG BR CL CN CO CZ DE DO ES FR GR HU IL IN IT KR LT MX MY NL PE PL PT RO RU SK TH TR TW UA UK UZ VN ZA」
です。零細企業だから大胆に拒否出来ますが大手の場合どのようにしているのでしょうか?

今日現在の個別IP拒否リストは431件、Fromドメインの拒否リストは851件になっています。

2007/02/27

・最近、国内のコンピュータを踏み台にして送られてくる迷惑メール(SPAM)が少しずつ見られるようになってきました。常時接続をしてSMTPサーバーを立てているようなのです。不正中継拒否の設定にデフォルトでなっていれば、ハッキングされリモートで操作されているか、それとも不正中継可能になっておりSMAPの温床となってしまっているためだと思われます。ここ数日来たメールに対して、常時接続をしているプロパイダに対して情報を送信しましたが反応は今のところ返ってきません。
暖冬のため積雪による倒木の停電が全くありませんでした。それどころか一度も積雪しない冬です。

2006/11/10

・迷惑メール対策を施しました。
1.国別にアクセス拒否をしております。迷惑メールの本当の送り主、FROMのアドレスは詐称されているため、最後に送信してきたアドレスを元に拒否することにしました。また、不正アクセスも非常の多くなってきているため、それとあわせて国別によるアクセス拒否の設定をしてあります。アクセス拒否を行っている国は[CN ,KR,SK,RO,RU,IL,IN,LT,ZA,UA,CZ,TW,GR,IT]となっています。
2.それ以外の国からの迷惑メールについては、データベースにより、IPアドレス管理による拒否を行っています。
おそらく、この処置で今のところ迷惑メール件数は1/10程度になっていると思われます。

2006/10/30

・現在もシステムは安定して動いています。
・最近のシステム管理者としての悩み事は、迷惑メールです。一般的に個人メールアドレスであれば最悪アドレスの変更をすることで迷惑メールを遮断することが可能になりますが、会社関係で使用しているメールアドレスはそう簡単に変更できません。なぜ、会社のアドレスへ迷惑メールが来るようになるのでしょう。

1.名刺を配ったときに、相手先から個人情報が漏れる。
2.会社のメールアドレスを使用して、WEB上で何かのユーザー登録を行いそこから情報が流出する。
3.ハッキングによりメールアドレスを探索されてしまい、アドレス情報が漏れる。

現在、弊社での迷惑メールの原因は上記3点だと思われます。
・私のアドレスは、名刺に書いてあるものは普段取引で使っているアドレスとは少し変えてあります。とある展示会に私を含め3名行った事がありましたが、初めての迷惑メールはその3名宛てに来るようになりました。どうやら、展示会で情報が漏れたようです。ただ、海外からの迷惑メールしか来ませんので、データベースに登録されているデータが海外へ流出したようです。この時の展示会で名刺を配った人はすべて該当しているんじゃないでしょうか?
・ネットのことを良く知らない人が、気軽に登録したり、DLを行うことがあります。以前にウィルスをDLされてしまい騒ぎを起こしてしまった人が居ましたが、その人宛にくるメールはこの時に登録してしまったようです。これは、困ったことでモラルを教育しない限りなくなりません、いっそのこと、アクセスできないようにするのが一番なのですがそれもまた、難しいことになります。
・現在一番対策で悩んでいることです。最近ログを見るとこの手のアクセスが頻繁に行われいるようです。詳しくは分かりませんが殆ど海外のサイトからですが、中には日本のサイトの中からアクセスがあり、ツールか、ウイルスによるものか良く分かりません。この場合、IPによる制限をかけるしか手が無いため、際限なく拒否IPリストが増えていく結果となっています。
現在毎日、メールのアクセス拒否ドメインの登録をしております。約600件ほどドメイン拒否をしてありますが、毎日少しずつ増える状況が続いており迷惑メールとの格闘が続いています。

2006/08/08

・システムは安定して動いているようです。
・今年は梅雨明けが遅かったこともあり、殆ど落雷の停電による影響を受けずにすんでいます。ただ、私が留守の時に結構ひどい雷雨があり、10分近く停電していた用で、会社のサーバー関係は問題なく動いておりましたが、自宅の小さなUPSは落ちてしまっていたようです。やはりUPSは大きな容量の物が欲しいですね。
・UPSといえば、一回つければ安心という代物ではなく、バッテリーの寿命があります。その寿命も突如現れますのでこの時期にその症状がでると心配になります。バッテリーの特性として高温化25度以上になると寿命がどんどん短くなってしまいます。この夏の時期の休みですと天気がよければ平気で室温は35度以上になってしまうためバッテリーを痛めてしまっています。本来なら空調が行き届いた部屋で管理することでもう少し良い環境下で使用する事が望ましいのでしょうがSOHO的に使用しているだけですので劣悪下でがんばってもらうしかありません。多少でしょうが、UPSに24時間365日扇風機により風を当てて廃熱させるようにしていますがどれほどの効果があるかは不明です。気休めなのでしょうが暑いときには扇風機があるだけでもずいぶん楽になることを考えるとUPSにも多少はやさしくなっているでしょうね。

2006/02/20

・ほぼ一年ぶりの更新です。
・他の作業で忙しかったこともありますが、いろいろな問題を抱えていたのでサーバーに手をつけなければならなく、その結果久しぶり更新と相成りました。
ここのところサーバーではHDDにまつわる対応ばかりしております。下の書き込みにもありますが2004年の暮れ誤来にHDDのエラーログが流れておりそれを見ないふりをしていたのですが、ついにHDDがクラッシュしてしまい対応をすることになったのが今年の初め。この際にということでOSのバージョンもそのつど上げていくのですがそれが結構曲者になっています。前回の設定ファイルが使えなかったり、細かな部分が変わっていたり・・・。なにせやっつけ作業のシステム管理者ですので毎回壁に当たりながら勉強して対応するしかないのです。
・今年の初めに再構築が完了し次の日のログを見たら・・・HDDのエラーログが排出されています。これは本当にRAIDを組んだほうがよさそうなので秋葉原に行ったついでに80GのHDDを2基購入。いまどきこのくらいのサイズを探すほうが難しいようです。手持ちにあったIDE拡張カードを調べたらどうやら相当古いAbitのHotrod100がミラーリングで使えそうです。今回はRAIDを組んだ以外は今年の初めに作業をしているので比較的スムーズに作業が完了しましたがUSBメモリーの認識がうまく行かなくなってしまい悩んでいます。まぁ、FTPを使ってファイルの転送をすれば事が足りるので良しとします。

2005/02/04

・個人情報保護法なる法律が、4月から施行されます。大手IT企業などで会員情報が流出したり、振り込めさぎやその他諸々の事件にかかわってくる個人情報を食い止めいようとする法律だと思いますが、議員のお偉いさん方の情報が流れてしまったのが一番の原因でしょうか?
何はともあれ会社として対策を立てなければいけません。小企業であるわれわれの場合は個人情報は5000人分もありませんので適応外・・かもしれませんが対外的には必要だと思われます。ウェッブマスタとしては外部からの不正アクセスによるメールアドレスの流出や、社員情報、顧客情報、取引先情報などが考えられますが、一番問題なのは、各個人が所有しているメールアドレス情報になると思います。各個人のアドレス帳には各取引先、会社関係のアドレスはもとより、親族、友人、知人などのアドレスが保存されている為そのデータの処遇をどうするか決めなければなりません。また、携帯電話などの番号も固定電話で番号表示されメモリーに入ってしまう為このデータも問題になるかもしれません。
 ともあれ、個人ベースで持っているデータを一元化して、個人パソコンには個人情報を残さないようにシステムを構築する必要があるようです。現在弊社ではファイルサーバーを構築しておりませんが、まずデータの管理の意味からやらなければならないでしょう。したがって、これからsambaのお勉強とRAIDとバックアップのお勉強を始めたいと思います。

2004/12/21

・すっかり、更新が滞る状態が続いています。

18日
・今回の更新のトリガーはサーバーのトラブルでした。1ヶ月ほど前にHDDのセクターエラーが発生していたのを見つけたのですが、しばらく様子をみていて問題が無い為使用していたところ、ユーザーからトラブルの情報が・・。金曜日の午後。忘年会が予定されてるので時間が取れません。調べてみる為にサーバーを再起動したところ起動しない為色々やると、立ち上がりやはりドライブのチェックで止まりました。(^^;不良セクターを除去してみたところ一部のコンフィグファイルが見事に消えておりました。忘年会もあるのでシャットダウンをして土曜日に修復作業をすることに・・・。

19日
・朝からサーバーを分解してHDDを交換する準備を始めます。サーバーの中も埃でずいぶん汚れていた為、掃除機とエアーを使ってきれいにしました。まだ、電気店が開いていない時間のため設定ファイルをフロッピーにコピーしようと思い電源スイッチを入れると・・・・画面が出てきません?なんででしょう?BIOSの起動中に止まっている様な感じがするので、HDD、CDをはずし再起動してみますが変わりありません。手持ちの古いPCIのビデオカードと入替えて起動させたところ問題なく画面が出てきました。どうやら清掃時に掃除機でごみを取ったときに基板に近づけたのでその時にビデオカードが壊れてしまったようです。そんな事をしていると電気店が開店する時間になったのでHDDとビデオカードを購入し再インストールの開始です。古いサーバーで使用していた設定ファイル類をフロッピーにコピーして、新規インストールした環境にコピーすれば楽勝と思って作業をしていました。その通り一通りのインストールを済ませ、設定ファイルのコピーをして動作を確認したところ問題なく動いている事が確認できて夕方には完成しました。
・ついでに細かいチューニングをしてファイルの確認をしていたところメールのデータベースが作成されていないことに気がつき、確認したところ原因がよくわからないのでもう一度インストールしてみることにしまいした。インストールしている最中にこれの原因・・・パーミッションだったことに気がついたのですが後の祭りですね。でも、再構築自体は簡単に終わることがわかったので2回目のインストールを行い、環境の整備を夜中までかかって終了しました。

20日
・日曜日に念のためにログを確認したところエラーが発生している形跡が残されていました。どうやらnamedの終了が出来ないようです。このエラーコードを探って検索をしてみましたが、解決先になるようなドキュメントを日本のサイトからは見つけることが出来ず、同じように悩んでいる人がメーリングリストに書き込みされておりましたが回答がついていませんでした。前の環境を立ち上げてnamedを再起動してみると特に問題は内容でエラーは出ません。なぜ?どこかの環境設定が悪いのか?と探っているとBind9で追加されているKEYが目に付いた為それらの文献を漁って色々と試してみましたがだんだんと頭の中が真っ白になってきて考えがまとまらなくなってきました。それじゃーということで、何か依存性が欠如しているのかもしれないと安易な考えに基づきまたまた再インストール。いい加減いやになっておりますが、再構築、テスト、失敗、エラーがやはり出ます。それじゃ、最小限インストール・・やけっぱちですね。それでもだめです。そんな事をしていたら夜中の0時を回ってしまったのであきらめて運用できる状態へ再インストール&構築をやり、それが終了したのが午前3時半。とほほな週末です。

21日
・朝ログを確認するとやはり同じエラーが出てきています。それはおいといてその他の設定調整をやりつつエラーの原因解決のヒントになりそうなドキュメントを検索して見ましたがやはり見つかりません。う〜ん。goolgeってみるか?今まではyahooの検索でしか調べていなかったのですが何となしにやってみるとビンゴ!!1つだけドキュメントがヒットしました。あら?なんででしょう?内容を読んでみると何とカーネルのバグだそうです。そういえばカーネルバージョンアップはまだやっていませんでした。急遽、カーネルのバージョンアップをしてnamedの再起動掛けると今まで事がウソのようにすんなり再起動しました。なんてこと!!こんなことで丸々1日時間を費やしてしまったのか!

2004/04/23

・1Km程度はなれたところでのFTTHのサービスが始まった様です。この辺のサービスは何時になるのかまだ分りませんが、工事屋さんが一生懸命電柱に登っているところを見るとまだまだ先の話のような気がします。今週本社に出向いてルーターのリンク速度を見てきましたがDown3800KbpsUP560Kbpsとこちらとあまり変わりません。路線距離はこちらは4Km、本社は500m以内なのに何故なのでしょうか?
・本日HPの更新をしました。設備の情報などの部分だけですがもう少し立派なHPを作りたいですね。

2004/01/28

・去年の夏過ぎから忙しくなり、会社の設備の入替作業などでHPのメンテナンスはまったく怠っていました。(パッチのアップデートはしていましたよ。)
・会社のネットワーク回線は現在2セッションで接続している為、ルータを新規に購入。さらにその後で無線LAN対応にしたのですがこれが2セッション非対応品だった為現在も古いルーターのままです。出来ればADSLからFTTHに変更したいのですがこの地区では何時になったら対応するのでしょうか?

2003/03/14

・HPへのアクセスログを見ていたら今週初めあたりからCODE-REDに似たログがたくさん記録されるようになった。よく調べてみるとどうやら亜種が発生したらしい。ピークが過ぎて今までもたまに来ていたが、それらはほとんど海外(アジア)からだったが、今回IPアドレスから探ってみたところサンプリングした4件はすべて日本のISPからのものだった。いまだにパッチを当てていないでサーバーを立てているか?困ったものだ。

2003/02/17

・UPSのバッテリーがだめになったので秋葉原へ探しに行きました。12V12AHのバッテリーなのですが昔の記憶で扱っている店を見つけたのは良かったのですが売価が1万円を超えています。2個購入したいと思っていたので即座に却下。サーバー用の中古UPSのバッテリーを前に交換したのですがそのときの値段を超えています。仕方が無いので容量が小さい8AHのものを2700円で購入して現在は使用しています。
・メイン取引企業とのデータ通信線が、その会社のネットワークシステム入れ替えでISDNから光回線へ変更されました。スピードは激変したといいたいところですが、光なのに128kbps今までの倍。今のネットのインフラからすれば十分遅いといえるかもしれません。その回線のおかげで会社のADSLのスピードが上がりました。ISDNの影響が結構あるという証明ですね。ちなみにNTTの情報では路線距離は4350m。電話用のISDNがまだ2回線在るけど無くなったらもっとリンク速度上がるのでしょうかね。

Payload ADSL Line rate(Down) : 3424(kbps)
Payload ADSL Line rate(Up) : 832(kbps)
Interleave Delay(Down) : 4(mS)
Interleave Delay(Up) : 4(mS)
Interleave Depth(Down) : 16
Interleave Depth(Up) : 2
Current SNR Margin : 6(dB)
Current Output Power(Down) : 19(dBm)
Current Output Power(Up) : 12(dBm)
Current Attenuation : 41(dB)

2003/01/21

・新年になってすでに3週間が経ちました。特に出来事が無いのですが例年に比べ冬型の気圧配置が少ないように感じます。例年ですと北の山からの吹き降ろしが激しく建物全体を揺らすことも少なくないのですが、この冬は記憶に残っているのは1度くらいしかありません。冬らしい冬、夏らしい夏がこないと異常気象が起きるのではないかと不安になってしまいます。この2,3日の定時後の気温は車についている温度計でプラス2,3度です。平年はマイナス1,2なので3〜5度高めですか?
・個人用のパソコンにUPSをつけてありますが2年半でバッテリーがだめになってしまいました。バッテリーの交換をしなければなりません。

2002/12/09

・日曜日の夜から雪が降り始め月曜日の朝には積雪15cm〜20cm位になりました。宇都宮測候所では12月として観測史上一番の積雪だそうです。
・最低気温はマイナス6度程度でした。

2002/11/05

・ADSLのルータを設定している最中にサーバーがワームにやられていました。アパッチのSSL機能を狙ったものでした。
・それが一段楽したところで電気設備点検の際に私が仕事で使っているマシーンのHDDがクラッシュ。UPSが切れていて電源が切断されたときに壊れてしまいました。このため復旧に約1週間かかり非常に大変な目にあいました。皆さんもバックアップは定期的にこまめに取っておいたほうが良いです。

2002/11/01

・約一日設定に時間を費やしていました。DNSの設定自体は前日に変更したファイルを用意しておいたものに交換していじらずに動きました。
・何に時間がかかったかというとルーターのフィルターの設定です。今まで使用していたNTTのMN-128のフィルターとまったく違う設定なのでこれでいいだろうと思っていた設定ではまったくだめで、どのように設定したら自分の思うように設定できるかを調べるのに時間がかかってしまいました。とりあえず外部から会社のDNSにアクセスして正引き、逆引きが出来ることを確認できたのでOCNにメールで連絡、ゾーン転送を確認してもらい終了。しかし、DNSの情報伝播は大体1日かかるといわれていますので現在適当なDNSで引くとうまくいくところと行かないところがあります。不思議なのは非常用に持っているアカウントから会社宛にメールを出しているのですがいまだ届きません。メールサーバーの使っているDNSの情報ではまだ古いIPアドレスになっているようで届かないよっとメールが戻ってきた詳細に古いアドレスが書かれていました。
・朝4:30起きで5時から初めて間に来客やら何やらあって終わったのが夕方の5時ですから思ったよりずいぶん時間がかかってしまいました。

2002/10/31

・ADSLのIP8フレッツプランに明日から切り替わります。1ヶ月の間はOCNエコノミーと併用となりますが、こちらの回線はバックアップとしてです。
・移行の問題はDNSとルーターの設定に不安が残ります。すでにDNSのデータは準備してありますがルーターのフィルタ、NATなどの設定は回線が開いてかになるので明日ぶっつけ本番。短時間で設定が出ればよいのですがご迷惑をお掛けするかもしれません。もっぱらメールサーバーのみだと思います。

2002/10/16

・ADSLの1.5Mから8Mへの変更が完了しました。はじめは10月4日に工事される予定でしたが結局混んでいるということで本日工事。9時前に確認した時点ですでに8Mに変わっていました。
・今度はOCNのADSLのIP8の申し込みをしました。なんだかんだ書類をかいてOCNの受付にFAXをしたのでそれレスポンス待ち。希望としては11月初旬からの運用が出来ればよいと思いますが、DNSの設定を変更しなければならないのでどうなるかは判りません。
・この移行がうまくいけば、今までこのサーバにアクセスするスピードが128kb/sから800kb/s程度に向上します。大体6倍のスピードになります。大体1MB/分でデータを送り出すことが出来ますのでホームページの画像表示が快適になると思います。

2002/09/25

・ADSLの1.5Mから8Mへの変更を申し込みました。ただ、路線距離が4350mということで接続できてもそれほど劇的に変わらないと思います。ただ、DLスピードが512Kから1024kの幅に変わるのでこちらを期待しています。しかし、やってみなければわからないADSL。これでうまくいけばADSLのIP8プランにOCNエコノミーから乗り換えます。

2002/09/21

・嫌になるほどウイルスのアクセスが続いています。誰かウイルスに感染しているコンピュータを修復するウイルスを作らないかなと思ったりします。
・ADSLへの移行を考えていますがやり方が判らない。

2002/08/20

・お盆も過ぎて台風一過。爽やかな気候
・HPへのアクセスログを解析すると相変わらずCODE-REDのアクセスとnimdaによるアクセスが記録されている。 まず殆どが海外、それも中国、台湾、韓国、シンガポールからのアクセス。アクセスが多いプロバイダからは アクセスできないようにルータではじくようにしました。
210.52.0.0-210.53.255.255
210.82.0.0-210.83.255.255
210.98.0.0-210.99.255.255
210.108.0.0-210.115.255.255
210.124.0.0-210.127.255.255
210.178.0.0-210.183.255.255

2002/08/09

・6日夕方落雷。18:50位から約1時間にわたり襲われた。瞬停、1分ほどの停電があった後、停電、雷光、雷鳴が同時に起きた。いつもと同じで1分もすれば復帰するだろうと思っていたがいくら待っても回復しない。そうこうしている間に自分のコンピュータについているUPSが断末魔の叫びを上げ始めた。停電してから20分ほど。これだけもてば十分だろう。サーバー用のコンピュータに付けているUPSは容量が大きいため2台のサーバーを動かしているがこの時点ではまったく問題ない。念のため社内用のサーバーだけシャットダウン。1時間ほど経つが改善が見られないがUPSは余裕で動いている。念のため外向けのサーバーもシャットダウン。東京電力の作業の様子を窓から見ていると21:30分ごろ会社に東京電力の車が入ってきて話しかけられた。うちの設備に落ちたのが原因で、電力線から会社を切り離す処理をしたとのこと。壊れた「パス」(遮蔽器)は会社の持ち物になるそうだ・・・。復旧のめどはたたない・・。主任電気技術者と連絡とり、設備屋と話をした結果明朝にならなければいつ直るかわからないという話になった。とりあえず撤収したのが午前0時。

・7日朝、とりあえず連絡取れる社員に休みを告げる。何人かは出社してしまったがまぁしょうがない。部品が手に入ったので今日中に復旧できる見通しが立つ。結局夕方17:30に復旧。それまで暑い室内でひたすら待つだけ。ISDNは停電になると使えない。TAに供給するACがない。自動車のバッテリーをはずしてきてDC-ACコンバータで100VをつくりTAに供給。電話とFAXは使えるようにした。

今回の出来事で改めて電気のありがたみを知った。
2002/07/23

・22日夕方雷雨。18:50から約1時間に渡り襲われた。瞬停、1分ほどの停電数多く。サーバのUPSがピーピー幾度も音を立てた。しかし、何もすることができません。

・21日昼間にサーバの部屋の温度を見ると35度。暑い。

・20日に梅雨が明けた。今年は平年並み。